管理人の福富馨です!

かなりお久しぶりの更新になりました 汗汗

2人とも元気で過ごしています。

管理人ちかちゃんがこの日本再興.jp を立ち上げる前に

「軍歴証明(@新潟)」を取り寄せていました。


○Sponsored Link


 

私も

「祖父の軌跡をもっと詳しく、きちんと知りたい!」

 

と思い、今年2018年3月下旬に取寄の申請しました。

 

私の祖父は奈良県民。ちかちゃんのおじい様は新潟県民。

 

奈良と新潟で取り寄せから手元に届くまでの期間や証明書の様式が全く異なっていたことにびっくりしたので、こちらでレポします!

 

申請から手元に届くまで2か月かかりました@奈良

軍歴証明の具体的な取り寄せ方法は、ちかちゃんの個人サイトで超わかりやすく解説してくれているので、

そちらをぜひ参考にしてください。→ちかちゃんの個人ブログ@カラフライフ

2018年3月26日、

私は奈良県庁に直接電話して具体的な方法を聞きました。

奈良県庁のHPにも掲載されています。

その際、係の方から言われたのは

「今、ある戦争映画の影響で申請する方が大変増えています。順番に手続きしているため、お時間かかりますがご了承ください」

 

某映画は何かはいわずもがな。

お時間かかるってどれくらいだろう。

かくいうちかちゃんは、5日程で届いていました。

 

電話口のあの感じでは1週間くらいでは届かないんだろうなぁ

でも5月の渡航(イタリアへ2か月間、モデルの武者修行へ行っていました)までには届くだろう

と、気長に待つことにしました。

5月8日にイタリアへ渡航したのですが、それでもまだ証明書は届きませんでした。

渡航中、実家に

「届いた?」

と何度か聞いたのですが

「届いていないよ」

という答え。

奈良県民、一体どれだけたくさんの人々が申請しているんだ!?


○Sponsored Link


いや、きっとちがう・・。

 

もしかしたら、ワープロ打ちしてくれているのかも!?

自治体によってはワープロ打ちにして送付してくれるところもあるそうです。

 

そうこうしていたら、6月あたまに実家から

「県庁から届いたよ~」

との一報が!!!

 

おおおおおおおお!!!

 

やっと届いたのね。

その期間実に2か月ほど。

 

帰国後の楽しみが増えた と胸を躍らせていました。

 

そして帰国し、実家に帰省した際に封書を開けると・・・・。

 

軍歴証明開封の儀! その書式はいかに・・・。

おそるおそる封書を開けると・・・・


○Sponsored Link


ぬぉー!!!ワープロ書式!!!!

ちかちゃんが取り寄せた新潟は、当時の手書き書類をそのままコピーしたものでした。

どうも奈良県はこうやって打ち直してくれているらしいです。

そら時間かかるわ・・・。

納得。

 

ちかちゃんいわく、当時の書類は、とても読みにくい そうです。

でも、オリジナルのコピーは当時にタイムスリップしたような気持ちになれますね。

その一方で、解読がとてつもなく難しい。

 

ワープロ書式は何が書いてあるかすぐわかりますが、少し味気ないです。

手書きとワープロ、一長一短だなぁ・・・。

孫としては両方ほしい!

 

全若者に告ぐ!!孫ミッション発動せよ!!!

この軍歴証明、本人の三親等以内の者でないと、取り寄せることができません。

三親等とは、私たち孫のことです。

そうです。私たちの孫世代までしか、祖父が戦時中どんな軌跡をたどり戦って下さっていたのか、公式な手段で知ることができる最後の世代なのです。

私の祖父は7年前に他界しました。

この制度をもっと早く知っていたら、祖父本人に見せながら、もっと色々当時の話を聞けたのになぁ と少し(いや、だいぶ)残念な気持ちです。

祖父が遺してくれた手記とこの軍歴証明と併せて読み解いて、またこちらで紹介していきますね。

 

 

おまけ:祖父は負傷していました。

生前、祖父は当時のことを色々と話してくれました。

当時、戦地で負傷したことも教えてくれました。

私「痛くなかったの?」

祖父「いたかったよ~」

そらそうだ。当然至極な質問をしている幼き頃のわたし。

 

銃創を見せてくれたのを覚えています。

弾が貫通したのが不幸中の幸い?だったそうです。

貫通って書いてる・・。

書いてます・・・。

痛かった とかそういうレベルじゃないですよね・・。

 

 

 


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。